ロック、ポップスは勿論、吹奏楽、ジャズ、2バスのパワープレイなど様々なスタイルの音楽を演奏してきた私が、ドラムを演奏する上で最も重要と考えるのが、
 
①適切なグリップ、フォームによるより良い音色とダイナミックレンジ
②ルーディメンツの習得によるフレーズバリエーションの蓄積と身体バランス
③実戦的リズムパターンの練習によるリズム感とタイムキープ力
④シチュエーションに合わせたチューニングや楽器の選択によるサウンドバリエーション
 
これらは、ジャンルを問わず総ての音楽に共通するドラム演奏能力の基である。
これらを確実に習得する事が、ドラムという楽器の可能性を限りなく広げていくと確信しています。

 
ロック、ポップスは勿論、吹奏楽、ジャズ、2バスのパワープレイなど様々なスタイルの音楽を演奏してきた私が、ドラムを演奏する上で最も重要と考えるのが、
 
①適切なグリップ、フォームによるより良い音色とダイナミックレンジ
②ルーディメンツの習得によるフレーズバリエーションの蓄積と身体バランス
③実戦的リズムパターンの練習によるリズム感とタイムキープ力
④シチュエーションに合わせたチューニングや楽器の選択によるサウンドバリエーション
 
これらは、ジャンルを問わず総ての音楽に共通するドラム演奏能力の基である。
これらを確実に習得する事が、ドラムという楽器の可能性を限りなく広げていくと確信しています。

 

今成英樹 ブログ
今成英樹 Facebook

 
 
1974年5月20日生まれ 埼玉県出身

 
1986年
中学校入学と同時に吹奏楽部に入部し、以後一貫高だったため6年間練習に明け暮れる日々を過ごす。
吹奏楽はもとよりハードロックに始まり、プログレッシブロック、フュージョン、ジャズとあらゆる音楽に夢中になり吸収する日々。
 
1993年
アンミュージックスクール入学。四年間で樋口晶之、長谷部徹両氏に師事。所謂音楽業界、ポップス現場に必要な知識技術を習得する。
 
在校中より様々なアーティストのサポートやバンドで、レコーディングやライブ活動を開始。
 
2011年
株式会社アダチ音研「ドラム義塾」インストラクターに就任。
「吹奏楽カリキュラム」の開発主査。
 
2012年
グループレッスン「DrumsSound研究会」プロデュースを担当。
「ドラムチューニングカリキュラム」の開発主査。
 
2013年
アダチ音研イベント「SUPER音友セッション」企画・運営を担当。
 
2015年
株式会社アダチ音研 チーフインストラクターに就任。
 
2017年
株式会社アダチ音研 マネージャー、ドラム義塾 塾長に就任。
ドラム義塾10周年プロジェクトを統括。
 
吹奏楽時代に習得したルーディメンツをベースに、あらゆるジャンル、環境に対応したドラミングを伝授している。 

 
 

今成英樹 ブログ
今成英樹 Facebook

 
 
1974年5月20日生まれ 埼玉県出身

 
1986年
中学校入学と同時に吹奏楽部に入部し、以後一貫高だったため6年間練習に明け暮れる日々を過ごす。
吹奏楽はもとよりハードロックに始まり、プログレッシブロック、フュージョン、ジャズとあらゆる音楽に夢中になり吸収する日々。
 
1993年
アンミュージックスクール入学。四年間で樋口晶之、長谷部徹両氏に師事。所謂音楽業界、ポップス現場に必要な知識技術を習得する。
 
在校中より様々なアーティストのサポートやバンドで、レコーディングやライブ活動を開始。
 
2011年
株式会社アダチ音研「ドラム義塾」インストラクターに就任。
「吹奏楽カリキュラム」の開発主査。
 
2012年
グループレッスン「DrumsSound研究会」プロデュースを担当。
「ドラムチューニングカリキュラム」の開発主査。
 
2013年
アダチ音研イベント「SUPER音友セッション」企画・運営を担当。
 
2015年
株式会社アダチ音研 チーフインストラクターに就任。
 
2017年
株式会社アダチ音研 マネージャー、ドラム義塾 塾長に就任。
ドラム義塾10周年プロジェクトを統括。
 
吹奏楽時代に習得したルーディメンツをベースに、あらゆるジャンル、環境に対応したドラミングを伝授している。